産婦人科外来への転職に関して

産婦人科外来の看護師の役割・仕事内容

産婦人科外来のお仕事に興味をお持ちの看護師さんへ

一口に産婦人科外来と言っても、クリニックと病院外来では、対応している疾患も異なります。

クリニックでの看護師の役割・仕事内容としては、妊婦健診や心のケアになるでしょう。出生前診断などで、クリニックで受け入れ不可と医師が判断した場合は、病院を紹介されることもあるようです。

無痛分娩、計画出産、フリースタイルその他、多様なバースプランを受け入れてくれると思いますが、そのようなニーズに応えられるのはやはり、看護師よりも助産師と言えるかもしれません。そのため、助産師の方が働きやすい職場と言えるかもしれませんね。

対して病院では、出産後に検査やオペなどの対応がありますし、産褥婦、新生児へのケアも重要な仕事となります。新生児の沐浴や授乳指導を看護師が行っていることもありますので、産婦人科における業務は多々ありますね。

退院後の生活指導や、子育ての心配・不安を抱えるお母さんへのフォローもあるでしょう。

ナースの求人・募集を見つけるには?

実際に産婦人科外来の求人・募集を探すには、看護師人材紹介会社の利用をおすすめします。やはり求人案件をあなたの代わりに探してもらえるのが大きいですね。

自分一人では見つけることが出来ない求人も、転職サイト・人材紹介会社の非公開求人の中に含まれていますから、まずは問い合わせされてみてはいかがでしょうか?

全国に対応している人材紹介会社も多く、その場合は東京・大阪・名古屋・神戸・横浜などの政令指定都市以外の看護師求人が充実しているケースも多いので、地方の看護師さんも安心して利用することが出来ますね。

ブランク歓迎・未経験歓迎・託児所完備・日勤専従など、転職活動前に希望条件を整理することも大切です。そうすることで、人材紹介会社のキャリアコンサルタント(転職コンサルタント)にスムーズに伝えることが出来るでしょう。

看護師の退職理由は様々ですが、やはり多いのが人間関係の悩みと言われています。看護師に限らず、社会人として働く上で、どうしても妥協は必要になりますね。それはあなたに限らず、周囲の看護師、医師、薬剤師、全て同じではないでしょうか?

どこまで妥協できるのか?

何が妥協できないのか?

その辺りの考えもまとめておくと良いでしょう。妥協できる点、妥協できない点が分かっていれば、希望の病院・クリニックの具体的なイメージ像も沸きやすいと思います。

たとえばクリニックなら、少人数な分、人間関係が濃いですよね。医師に意見しづらかったり、緊密な人間関係が苦しく感じることもあるでしょう。逆に、人数が少ないからこそチーム意識が芽生えやすかったり、緊密な人間関係が快く感じることもあると思います。

ぜひ希望条件を整理した上で、看護師人材紹介会社を活用されてみて下さい。

当サイトから最も利用されている人材紹介会社はこちら