産婦人科に向いているタイプ

産婦人科看護師の適性って?

産婦人科に向いているタイプについてお伝えしますね。

産婦人科には不妊治療で訪れる患者さんも多く、細かな配慮ができるナースが求められています。

患者さんの精神的なケアもそうですし、気持ちに共感して寄り添った看護が出来る方なら、産婦人科が向いていると言えるでしょう。

それと共に気持ちの強さ、タフさも大切になりますね。産婦人科を訪れる方も様々ですし、中には人工中絶を行う女性もいます。命の誕生に立ち会う瞬間は感動的ですが、必ずしも元気な赤ちゃんが産まれるとは限りません。

そのような辛い現実に向き合いながらも、患者さんの気持ちに寄り添った看護が出来るかどうか、看護師として産婦人科で働き続けられるかがポイントになるでしょう。

ここまでをまとめると、産婦人科看護師に向いているタイプは以下になります。

・細かな配慮ができる
・精神的にタフである

細かな配慮に関しては、先天的な要素もありますね。看護師として注意力、観察力に優れていれば、患者さんの心境を理解できるでしょうし、ちょっとした変化にも気付きやすいと思います。

妊婦さんだけでなく、誕生間もない新生児のケアもありますし、旦那さんや家族に接する機会も多い仕事ですね。不妊治療に臨んでいる夫婦も多いですし、未婚の妊婦さんとコミュニケーションを取ることもあるでしょう。

その際、最初に接するのが看護師というケースが多いので、患者さんを安心させる接し方が重要ではないでしょうか。その辺りに秀でていれば、産婦人科看護師に向いていると言えます。

精神的なタフさも同様ですが、あまり深刻に考え過ぎてしまう方は、もしかしたら産婦人科に向いていないかもしれません。

仕事のストレスを上手く発散できる性格、フラストレーションを適度に解消できるタイプなら、適度に気持ちを解放しながら、産婦人科で働きやすいですね。

もちろん前提として「産婦人科の仕事に興味がある」という条件は欠かせません。逆に言うと、産婦人科看護師の役割に関心があり、働いてみたいと思うなら、適性の第一段階をクリアしていると思います。

実際に働いて初めて分かることも多いので、まずは産婦人科のナース求人を積極的に探してみて下さい。看護師紹介会社を利用することで、好条件の産婦人科募集が見つかることもありますよ。

当サイトから最も利用されている人材紹介会社はこちら