助産師資格で業務の幅が広がります

働きながら助産師資格を取得

産婦人科で看護師として働く事は可能ですし、実際に多くの方はお仕事をされています。

助産師資格を持っている事で、確かに従事できる仕事内容は増えますし、出産に関して関わる事が増えますから、感情面でもまた違ったものになると思います。

転職をするにあたり、助産師資格を持っている方が採用にあたり優遇される事が多いのも事実です。

しかし、必ずしも助産師資格を取得していなければならないか、というと働くという点では看護師資格だけでも十分に産婦人科外来、病棟で働く事は問題ありません。

産婦人科といっても、病院によっては妊婦さんばかりではなく、婦人病、更年期障害などで来院、通院される方もいらっしゃいます。
検査、注射などの業務もありますから、看護師として活躍できる仕事はたくさんあります。

妊婦さんであっても、分娩には関わる事はできませんが、帝王切開の方もいらっしゃいますし、筋腫のオペが入ることもあるでしょう。
術後の看護などで清潔ケアをしたりと、基本的な業務には関わる事になります。

しかし、やはり産婦人科で働く場合には、将来的には妊婦さんのケア、分娩に関わる仕事もしたいとお考えであれば、大変かもしれませんが働きながら助産師資格を取得されることも検討してみて頂きたいと思います。

将来を見据えて選択肢を検討しましょう

病院によっては助産師資格を取得することを応援してくれる病院もあります。
働きながらでも頑張って助産師資格の取得を目指したい!という方は、そうした病院への転職を検討されると良いかもしれません。

しかし、そうした助産師資格の取得を応援してくれる病院からの求人数は希少といえます。
調べるタイミングによっては、なかなか見つける事もできない場合もあるかもしれません。

こうした情報は一人では調べるのは困難ですから、看護師人材紹介会社をうまく活用して情報収集されることをオススメします。

道のりは大変かもしれませんが、産婦人科で働く場合、助産師として資格を取得することで、より多くの業務に携わる事ができるようになります。

科として、看護師も当然必要ですが、助産師はさらに必要とされます。

将来的にご自身がどのようにお仕事で活躍していたいか、と言うことから色々な選択肢を検討されると良いのではないでしょうか。

当サイトから最も利用されている人材紹介会社はこちら