看護師と助産師の違いとは?

ナースが妊婦さんに対して出来ること

産婦人科では分娩が重要な仕事となっているわけですが、その際に看護師は仕事内容に一定の制限が設けられます。看護師といえば医師の診察や手術のサポートを行うのがおもな仕事となるのですが、産婦人科ではその役割を助産師が担うことになるのです。

そこで疑問となるのが助産師と看護師の違いです。この2つの資格にどんな違いがあるのかあまり知られていないようです。別の資格ですから、当然大きな違いが見られます。

最大のポイントとなるのが妊婦の扱い。看護師は妊婦に対して直接的なケアを行うことはできないのです。この点に関しては助産師のサポートの役割に徹することになります。

出産時のケアも同様です

出産時のケアに関しても同様で、看護師はバイタルサインの測定や呼吸音や心音の聴取といった間接的な役割に留まることになります。

一方、出産を終えた後の母親のケアや生まれたばかりの新生児の世話は看護師でも行うことができます。つまり出産時に直接関わることができるかどうかが助産師と看護師の最大の違いとなるわけです。

ですから、産婦人科で看護師として働きたい場合には加えて助産師の資格を取得するのもひとつの選択肢となります。

また最近では新生児集中ケアの認定看護師、母性看護の専門看護師といったより上位の看護師資格も誕生しています。産婦人科では看護師の資格を取得して終わりではなく、よりよい仕事を行うためのスキルアップも求められるのです。その意味では向上心が求められる職場ともいえそうです。

当サイトから最も利用されている人材紹介会社はこちら