産婦人科における新生児ケアのお仕事とは?

新生児ケアは看護師の重要な役割です

産婦人科の看護師は母子両方のケアを行う必要があります。母親が無事出産できることはもちろん、生まれたばかりの新生児が健康な状態を維持できているかどうかを確認することも重要な役割なのです。

生まれたばかりの赤ちゃんは新生児室におかれ、一時的に母親から引き離された状態となります。極端な言い方をすれば看護師がひとりひとりの新生児に対して責任を負うわけです。つねに状態を注意し、異変にすぐに気づくように注意しておく必要がありますし、定期的に必要なケアを行うことになります。

また、母親が新生児と接する際に適切なアドバイスを行うのも看護師の役割です。赤ちゃんの扱い方に戸惑う母親も多いですし、授乳がしっかりできるかどうか不安を抱いている場合もあります。そんな時には正しい方法をアドバイスするとともに、精神的な不安やプレッシャーを和らげる役割も求められるのです。

家族や親戚が赤ちゃんに会いにきた場合には看護師が窓口になります。母親が家族に赤ちゃんを会わせようとした場合にはそれに応じるとともに適切な扱い方を指導し、赤ちゃんに不要な負担を与えないように心がける責任も看護師が負うのです。

退院まで、新生児の健康は看護師が担っているといっても過言ではないでしょう。当たり前のように子供が生まれ、退院していくように思えますがその背景では産婦人科における看護師の日々の働きがあるのです。産婦人科での看護師の仕事の中でももっとも責任が重いものといってもよいのではないでしょうか。

産婦人科への転職を希望される場合、看護師資格のみでも採用される可能性の高い求人を見つける事が近道になるかなと思います。

そうした産婦人科の看護師求人を見つける際に便利な紹介会社は↓の記事でご紹介しています。

産婦人科で働きたい看護師さんへ

こちらも合わせてご覧になってみてください。

当サイトから最も利用されている人材紹介会社はこちら