看護師の分娩介助のお仕事内容とは?

陣痛のケアも重要な役割ですね

産婦人科で働く看護師の最大の仕事といえばやはり分娩の介助でしょう。いざ出産という時に産婦が安心して臨めるようにサポートするのが主な役割です。

ただ、分娩介助の場合、看護師はあくまで脇役に徹することになります。介助のメインとなる作業は助産婦が行うからです。看護師は助産婦のサポートという形になります。おもな仕事としては事前の準備、とくに分娩に必要となる器械や道具の準備や環境を整える作業など。医師と助産師がしっかりと作業ができるよう下準備をすることが求められます。

また、出産直前で陣痛が発生した際にケアをするのも看護師の重要な役割です。痛みを和らげるための呼吸法などのアドバイスをしたり、精神的に落ち着かせるといった仕事が求められます。とくに出産前の妊婦はナーバスになっていますから、精神面のケアが重要なポイントとなってきそうです。

新生児の健康状態の測定

なお、出産の際に帝王切開が必要と判断された場合にはそのケアも看護師が行う場合があります。そうでない場合にも生まれたばかりの新生児の健康状態の測定や呼吸音や心音の聴取などのチェックを行います。

母子ともに健康な状態であるかどうか、そうでない場合には医師が正確な措置ができるよう必要な情報を提供する役割を担っているのです。

このように、分娩介助では看護師は直接的な役割を果たすわけではありませんが、なくてはならない重要な仕事をいくつも担うことになります。ひとつの生命が誕生する瞬間に居合わせる、非常にやりがいのある仕事といえるでしょう。

当サイトから最も利用されている人材紹介会社はこちら