産婦人科でのナースの仕事とは?

産婦人科にも看護師は必要です

産婦人科にも看護師は必要です。

産婦人科の看護師として働く事に興味があるけれど、どういった仕事内容・役割になるのだろう・・・とお思いの方もいらっしゃると思います。

助産師との仕事領域の区別は?など。

その前に産婦人科と言っても、お産を扱うところ、扱わないところとがあるようですから、就職・転職を希望される場合にはまずそこを明確にされると良いかもしれません。

産婦人科の仕事内容としては、当然のことながら看護業務一般を行います。

お産を扱う病院、クリニックであれば、バイタルチェック、点滴、妊婦さんのケア(陣痛時など)、出血・陣痛の確認、授乳介助など、これから出産する妊婦さんのケア、新生児のケアなど、命を扱う場面での仕事が多くなりますから、しっかりとした知識・スキルを身につける事が大切となります。

最近では、初産が高齢出産となる方も多く、精神的な部分も含めてしっかりとしたケアが必要とされます。

お産ではなく、女性特有の病気をお持ちの方も来院される事も多いです。
不妊治療をしている病院では、入り口を分けたりなどデリケートなケアが必要になることも多いです。

専門性が高いお仕事

産婦人科での看護師の仕事は、非常に専門性が高い仕事内容となりますし、病院・クリニックによっては出産が同時期に集中することもありますから、非常に忙しい中でも確実にケアをしていく必要があります。

教育体制がしっかりしている病院も多く、産婦人科が未経験であっても採用に積極的な病院もあります。
このあたりの求人状況は、看護師の求人情報が多く集まる人材紹介会社に問い合わせをされることをオススメいたします。

お産を扱う産婦人科、クリニックでは助産師の資格取得を目指す方も多いです。

より上位の助産師の資格を取得することで、看護師・助産師の仕事が両方行えます。

産婦人科のお仕事は、命の誕生に立ち会えるずっと続けられる仕事と言われます。
もちろん、本人として合う・合わないはありますが、長く助産師を続けられている方も多いように、素晴らしい仕事であることは間違いないと思います。

当サイトから最も利用されている人材紹介会社はこちら